乳頭温泉郷 蟹場温泉と妙乃湯温泉

こんにちは!yamaです。

乳頭温泉郷の最終日は蟹場温泉と妙乃湯温泉に行きました。どっちとも泊まっている大釜温泉から近く歩いて5分ほどです!

まずは蟹場温泉!大釜を出て右にまっすぐ行くとすぐに着きます。

ていうか蟹場温泉って名前珍しいですよね笑

最初は露天風呂の周りに蟹がいっぱいるのかと思ってましたが、近くの沢に蟹がたくさんいるからこのような名前になったそうです!温泉関係ないですね笑

dsc_6098

そして受付を済ませ渡り廊下の先にある木風呂へ

dsc_6100

日帰り営業時間 : 9時~16時30分

料金: 600円

泉質 : 重曹炭酸水素泉

ph : 8.3

泉質のせいか床がかなりヌルヌルしていて何回かこけそうになりました

dsc_6104

繊維状の湯の花がたくさん舞っていました(^^)

dsc_6105

続いて露天風呂へ!

木風呂は玄関を入って右に進むとあるのですが、露天風呂は少し宿から離れた森の中にあるので今度は玄関を左に進み外へ出てから少し歩きます。

唐子の湯(混浴)

結構大きいのでゆっくりできます(^^)

dsc_6110

夕暮れ時に入ったら奇麗だろうな~

dsc_6109

蟹場の後は妙乃湯!

蟹場温泉を出てまっすぐ行くと妙乃湯です。

dsc_6127

宿の前のモミジはまだ奇麗に紅葉していました!

dsc_6128

和モダンな感じもいい

dsc_6124

日帰り営業時間 : 10時~15時

料金 : 800円

泉質 : 単純温泉(銀泉)

ph : 6.6

ここ妙乃湯は有馬温泉と似ていて鉄泉の金泉と単純泉の銀泉があります。

dsc_6126

泉質 : 酸性-含鉄-カルシウム・マグネシウム-硫酸塩温泉(金泉)

寝湯がとっても気持ちい…(^^)ほんとに寝そうでした笑

露天風呂もすごくて目の前に滝があって素晴らしい景色でした!

dsc_6125

乳頭温泉郷に来てみて最初は硫黄泉がメインだと思ってましたがいろんな泉質があってびっくりです!単純泉、鉄泉、硫黄泉、酸性泉、いろいろあって良かったです。

周りにも日本一の酸性泉で有名な玉川温泉水沢温泉国見温泉藤七温泉などまだまだ行きたいところだらけです!

秋田、岩手また行きたい!いや行く。笑

では。

投稿者: yamatorian, 温泉、旅好き

温泉とか旅が大好きです! インスタグラムもやっています! https://www.instagram.com/y_rhcp39/

“乳頭温泉郷 蟹場温泉と妙乃湯温泉” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中