草津温泉③

こんにちは。yamatorian です。

いよいよ草津温泉旅も最終日…

あと1週間ぐらい居たかった笑

そんな事を考えながらチェクアウトを済ませ大滝の湯へ行くことに。

HPによると…

古くから草津に伝わる合わせ湯。温泉の豊かな成分を水で薄めることなく、自然冷却して適温になるよう源泉が浴槽を順々に巡っています。一番湯から順に熱くなっていますので、ぬる湯から入って少しずつ体をならしましょう。

一番温度の低い浴槽は38℃~40℃、一番温度の高い浴槽は45℃~46℃。季節によって温度は変わります。


料金900円

営業時間    9:00〜21:00(最終受付20:00)

源泉・・・煮川源泉

泉質・・・酸性硫黄泉

効能・・・神経痛、関節痛、うちみ、ねんざ、やけど、慢性消化器病、病後回復期、美肌、 慢性婦人病など








温泉から出てサッパリした後は湯もみショーを見に行きました!

草津温泉の源泉は熱くほとんどが50度近い温度なので熱くて入れたもんじゃありません笑かと言って水を足すと温泉の効能が薄れてしまう。そこで熱い源泉の中に六尺板を入れて湯をもみ、入浴できるまでの一定の温度に下げる「湯もみ」が考え出されましたそうです。



湯もみショーが終わると参加型で湯もみを体験できます。



草津温泉は周りに観光できるスポットや美味しい料理、温泉も素晴らしい所なので興味のある方は是非足を運んでみてください!

そして今から5時間かけて帰宅します笑

万座温泉

こんにちは。yamatorianです。

今日は万座温泉にいって来ました。万座温泉は草津温泉からもアクセスしやすくバス一本で行けます。

バスの発着時間⬇︎

http://www.seibukankoubus.co.jp/karuizawa/jikoku.htm


標高の高い所に温泉があるので景色は綺麗ですね。雪もたくさん残ってました。


3mくらい積もってたとこもありました笑


さあ着きました。

万座温泉は標高1800mのところに位置する温泉で上信越高原国立公園内の中の高山温泉郷です。源泉は硫黄泉で約80度もあり高温です。

万座温泉のお湯は1日540万リットルという湧出量を誇る硫黄泉であり昔から、豊富な湯量に恵まれ、泉質は20種類を越え、名湯中の名湯といわれていたそうです。


動画に写っている煙の中には硫化水素ガスというものが含まれていて多く吸ってしまうと中毒を起こしてしまいます。今は硫化水素ガスの量は少なくなっていますが、草津の方に殺生河原という所があり昔はガスの量が多く飛んでいた鳥が死んでしまうほどだったのでそれが名前の由来になったそうです。


今から3つ温泉を紹介します!

日進館

日帰り温泉 1000円

撮影禁止だったので風呂の写真はHPからです




万座プリンスホテル

日帰り温泉 1200円

HPにインターネットクーポンがあるので900円に割引できます。






聚楽(じゅらく)

日帰り温泉 1000円

こちらもインターネットクーポンで800円に割引できる。風呂の写真はHP

ここの温泉施設は日本一の超高濃度硫黄泉で高血圧の治療、あるいは予防効果があると考えられています。


3つの温泉を紹介しましたが万座に行きたくなりましたか?私はあと3回は来たいです笑

次の温泉は西湯川温泉に行こうと思うので更新したら見てくださいな!

草津温泉②

草津の周りを観光しようと思い発見したのが嫗仙の滝(おうせんの滝)です。行き方は簡単なのですが終盤に出てくるハイキングコースはだいぶ疲れますね笑

帰って来た時にはヘトヘトでした笑


ハイキングコースを通るときは熊よけの物を持って行った方がいいですね笑


嫗仙の滝は60万年も前からあり白根火山の噴火によってできた滝でその落差は35メートルもあります。川の底が赤いのは鉄分を多く含んでいる水が流れているからなんです。

写真だと迫力が余り伝わらないと思うので動画もちょっとだけ撮ってきました。

動画の音ちょっと大きいです



また1時間30分かけてようやく旅館に帰って来ました。今回泊まっている旅館は旅館たむらというところで、目の前に足湯もありゆっくりできます!

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/7052/7052.html?s_kwcid=paidsearch&k_clickid=3a969830-8ba3-492b-83ed-112d3824468e


夕食も地元の旬の食材をふんだんに使っている料理なのでとても美味しかったです


さあいよいよ温泉です!

泉質は…酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)
草津の温泉は硫黄が強いので本当によく効くと言われています。ですが長湯は余り良くないですし、温泉でお酒を飲むイメージもあると思うのですが草津では御法度らしいですね。

ちなみに1円玉を草津の温泉に入れておくと1週間で消滅してしまう…笑

話を最初に戻しこちらは旅館内の温泉です!



今から2つの温泉を紹介しますが、草津には外湯と言った無料で入れる地元の人専用の温泉が19箇所もありそのうちの2つです。

19箇所ある外湯はすべて入ることができるのですが観光客は入れる時間が決まっていて朝の8:00〜15:00が観光客の入れる時間です。(朝から夕方まで入れる所もあります)

まず1つ目は地蔵の湯(8:00〜22:00)無料



2つ目は白旗の湯(5:00〜23:00)無料



こういった無料で入れる場所も多いので温泉好きにはたまらないですね!笑

1日の入浴は3回までといわれてますが草津では無理そう笑

また昼とは違い夜景もすごく綺麗なので是非草津に行ってみてください!






明日は万座温泉です!