和歌山遠征⑤ ホテル浦島湯めぐり1-2

こんにちは!yamaです。

前回に続き勝浦にあるホテル浦島の湯めぐりです。

3か所目は忘帰洞

玄武洞からフロントの受付まで戻り次はこの茶色のラインに沿って進みます。

DSC_5725

すると分かれ道が出てくるので左側に行けば忘帰洞です。

DSC_5726

DSC_5727

DSC_5728

営業時間 : 5時〜10時/13時~23時

泉質 : 含硫黄ーナトリウム カルシウムー塩化物泉

実はここの忘帰洞は天然洞窟で掘ったわけではないのでびっくりです!

玄武洞もそうですがこんな温泉は珍しいですね!

写真はHPから

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-8.png

シャワーとかもトンネルの中のような場所にあり不思議な感じでした笑

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-9.png

スクリーンショット (10)

続いて滝の湯、ハマユウの湯

場所はフロントの目の前にあるのでわかりやすいと思います(^^)

DSC_5730

営業時間 : 6時〜12時/15時~24時

午前が男性で午後が女性です!

泉質 : 含硫黄ーナトリウム カルシウムー塩化物泉

DSC_5731

源泉が上から流れてきていて周りの岩が変色していますね~

DSC_5732

滝の湯の露天風呂

DSC_5733

貸切風呂みたいでゆっくりできます~!

DSC_5734

ハマユウの湯

こちらの湯は時間がなくて入ってはいませんが紹介しておきます!

営業時間 : 6時〜12時/15時~24時

こっちは午前が女性で午後が男性です!

泉質 : 含硫黄ーナトリウム カルシウムー塩化物泉

HPから

スクリーンショット (11)

ハマユウの湯も入っておきたかったなー!でも次に入る温泉も控えているので諦めます笑

では

 

和歌山遠征④ ホテル浦島湯めぐり

こんにちは!yamaです。

和歌山3日目は勝浦で湯めぐりです!(^^)

まずはホテル浦島へ。ここは専用の船でしか行けないので船着き場で待ちます。

DSC_5699

こちらは時刻表。料金はかかりません。

DSC_5700

船はこの赤いタイプと亀の形をしたタイプがあり、どちらに乗っても浦島へ行けます。

DSC_5702

DSC_5703

見えてきましたホテル浦島。

にしてもホテルの規模がデカい!!多分今までで一番大きいホテルです笑

DSC_5740

ホテル内に着いたのですがなんとローソンを発見!笑

さすが大規模ホテル!

DSC_5707

ここホテル浦島の日帰り入浴は4つの温泉を湯めぐりできてなんと1000円!とても安いし何といってもロケーションが最高です(^^)

一つ目に向かうのは磯の湯

受付からこのオレンジ色のラインに沿って行くとたどり着けます。

DSC_5708

DSC_5709

DSC_5710

家業時間 : 6時〜9時/12時~24時

泉質 : 含硫黄ーナトリウム カルシウムー塩化物泉

DSC_5711

右側の濁った硫黄泉はぬるめの湯でずっと入ってられました!

DSC_5712

ちなみに受付で館内の地図と一緒に湯めぐりスタンプ的なものがもらえます。

3か所以上巡ってスタンプを集めると記念の粗品がもらえます!僕は粗品の存在を完全に忘れていましたが皆さんは浦島に来た時にはもらい忘れないように!!笑

IMG_E5076

続いて2か所目は玄武洞。

磯の湯のすぐ近くで移動は簡単です。

DSC_5714

島の岩壁をくりぬいて造っているのか入り口からアドベンチャー感が凄いです笑

DSC_5715

営業時間 : 5時〜12時/16時~23時

泉質 : 含硫黄ーナトリウム カルシウムー塩化物泉

すごい!神秘的すぎる!まさに玄武洞!

DSC_5716

DSC_5717

真ん中あたりでは源泉が噴き出ていました。

源泉直流しですね笑

DSC_5718

にしてもロケーションが凄いです。

冬の時期に行った万座温泉の露天風呂も素晴らしかったですが、勝浦もそれに勝るほどです!

DSC_5719

波の音を聞きながら入る露天風呂もいいものですね(^^)

DSC_5720

DSC_5722

写真が多くなってしまったので残りの2か所は次回書きます!

では