北海道 登別温泉湯めぐり

こんにちは!yamaです。

やっと登別の温泉に入ります!

ですが前日の夜景撮影でだいぶ疲れたので2か所しか回れていません(>_<)

まずは公共浴場のさぎり湯へ。

写真は撮っていないのでHP貼っておきますね(^^)

http://sagiriyu-noboribetsu.com/galarry_huro.html

日帰り営業時間 : 11月~3月 7時~21時 4月~10月 7時~22時

料金 : 420円

泉質 : 酸性-含硫黄-ナトリウム・アウミニウム-硫酸塩・塩化物泉

ph : 2.2

浴槽のそこにはさらさらの温泉泥がたくさん沈んでいました!

dsc_6613

次の温泉に向かう前に温泉市場に寄り海鮮丼を頂きました。

アホなので真面な感想が言えませんが凄くおいしい!笑

dsc_6612

ご飯の後は少し先にある花鐘亭はなやに行きました。今回泊まった宿です。

dsc_6616

日帰り営業時間 : 11時~19時

料金 : 850円

泉質 : 酸性ー含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物泉

ph : 2.3

大浴場もいいですがこじんまりとした感じも落ち着けていいですね(^^)

dsc_6620

露天風呂。

少しではありますが雪見風呂を楽しめました。

dsc_6619

さぎり湯と同じで底に泥が溜まっていました。

桶でがばっと掬えるくらい沢山あります。

dsc_6625

夜の露天風呂!

これまた違った雰囲気でゆっくりできました。

dsc_6628

次は青森の有名な温泉です!

では

 

 

 

 

 

北海道 登別地獄谷

こんにちは!yamaです。

先ほどの天然足湯から道沿いに進むと大湯沼が見えてきます。

dsc_6589

湯気が凄い!

dsc_6591

そして入りたい笑

dsc_6592

近くには違う源泉の奥の湯がありました。

dsc_6593

続いて地獄谷へ。

dsc_6594

ここを下っていくと広場に出て、その先の階段を下ると地獄谷です。(大湯沼の方から行く場合)

最近思うのですが、観光地や特に温泉地など外国人観光客が凄く多い。観光客がたくさん来てくれるのはいいことだと思うけど次から次へと外国人を乗せたツアーバスがやってきてすぐに人で埋め尽くされる。平気で順番は無視するしゴミも道に捨てる、立ち入り禁止の場所も普通に入っていく。国内でこんな嫌な思いをするなら外国人観光客なんていらない!と時々思ってしまいます。もちろんすべての方がそんなことをするわけではないので強くは言えませんが…

dsc_6597

展望台からの地獄谷の眺め。

dsc_6598

 

dsc_6602

 

dsc_6605

 

dsc_6606

地獄谷から温泉街に向かう途中に間欠泉を発見しました!

dsc_6607

階段を降りたところで一枚撮ったのですが湯気で何も見えませんね笑

ゴーゴー!と勢い良く湯が噴き出ているような音は聞こえます。

dsc_6608

 

dsc_6609

北海道 登別の天然足湯

こんにちは!yamaです。

北海道2日目は東室蘭から電車で登別へ。もちろん温泉です(^^)

dsc_6571

改札を出てドアを開けたら熊が!襲われたのかと思いました笑

この熊は登別温泉の近くにあるのぼりべつクマ牧場さんの熊の標本らしいです。

熊と遭遇したら目を離さずゆっくり後ずさりしていく。なんてよく聞きますが、こんなのにあったら絶対に全力疾走します笑

dsc_6572

駅を出たらすぐ目の前に登別温泉行のバス停があります。

駅の中にも登別駅前から登別温泉行の乗車券や往復券も発券機で売っているのでバスで料金を払わずにスムーズに乗り降りできると思います。

dsc_6573

そして天然足湯が味わえる足湯入り口まで行くことに。

と言ってもバスは手前の登別石水亭で止まってしまうのでそこから少し歩きます。

画像の通り登別石水亭の道を進むと左に曲がるカーブが見えてくるのでそこが入り口になります。

img_6171

看板が立ってるのでわかりやすいですね。

dsc_6574

登山道みたいな感じで隣に流れる川がすでに硫黄泉なので湯気がめちゃ出てます!

dsc_6576

着きました!ここで足湯を体験できます。

dsc_6578

硫黄泉の滝(^^)

さすがにこの辺りは熱かった笑

dsc_6583

dsc_6585

近くの源泉から流れてくる温泉。

dsc_6586

次は源泉の大湯沼と地獄谷に向かいます!

dsc_6588