新潟県 燕温泉 黄金の湯

こんにちは!yamaです。

黄金の湯に行くには、右奥に写っている惣滝の湯に行く途中で見た切り株案内の手前の道を進むと着きます!

階段を上っていきます。

看板が見えてきたらもう少しなのですがなかなかの急坂です😅

人がだいぶ多かったので夜入りに行くことに。

日帰り営業時間 : 24時間

料金 : 無料

泉質 :  含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉 泉質 

ph : 6.4

無料で24時間というかなり素晴らしい所なのですが電気系統は全くないので本当に真っ暗です。

写真撮り忘れたのでまたまた動画です。

新潟県 燕温泉 ホテル花文

こんにちは!yamaです。

今回の宿はホテル花文さん!

山道を歩いて疲れたので早々にチェックインを済ませ温泉へ!

男湯は1階で女湯は2階になっています。

こちらは1階の男湯入り口。

朝の7時~9時の間は男女入れ替わるので「いこいの湯」は女湯になります。

日帰り営業時間 : 11時~17時

料金 : 男400円 女500円(女湯には露天風呂があるからだと思います)

泉質 :  含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉 泉質 

ph : 6.6

浴槽には硫黄泉が湧き出るスタイルで流されています。

コップがあり硫黄泉を飲みますが、やはり味は苦手でした💦

独泉の時は浴槽の中の段差に寝そべって寝湯するのが最高です😆

続いてこちらは女湯。露天風呂に入りたかったので朝の男女入れ替えの時(7時~9時)に入りに来ました~。

温泉好きな方が女将さんが「男湯の方にも露天風呂つくりたいけど、場所がないのよね...」と言っていたそうです。

ですが湯がとても良かったので内湯だけでもかなり満足でした。

露天風呂!

こりゃあ最高ですね!景色100点です😊

ぬるめの湯でいつまででも入ってれそうです😆

この後は近くの関温泉に行こうと思います。

新潟県 燕温泉 もう一つの野湯と河原の湯

こんにちは!yamaです。

【動画あり】

惣滝の湯から河原の湯に向かう途中に別の野湯を発見しました!

こちらも惣滝の湯と同様に岩壁から硫黄泉が吹き出していました。

奥にパイプの刺さった土嚢(どのう)が積まれていたので、置いてあったペットボトルでフタをして硫黄泉を溜めます😆

周りを見るとサンダルやバケツ、ザルなどが置いてあったので野湯好きの方たちが快適に使えるようにしてるみたいです😊

ザルを使い奇麗に掃除してから入浴!

座って腰下くらいまでしか溜まりませんでしたが温度もちょうどよく快適でした!

位置に関しては「ここの野湯を見つけたあなた、場所に関しては公開はしないようにお願いします」と書かれたプリントがあったので、ここに来た際には探してみて下さい😊

橋まで戻ってきました。ここを下っていき河原の湯へ向かいます。

下りてくるとこんな眺めで、道なりに進んでいきます。

河原の湯

混浴になっていて僕が来た時は独泉でした😊

日帰り営業時間 : 日の出から日没

料金 : 無料

泉質 :  含硫黄-ナトリウム・カルシウム – 炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物温泉

ph : 6.4

浴槽からは清流を眺めることができます!

湯口は泉質で真っ白!湯の花も大量です😆

続きます!

新潟県 燕温泉 惣滝の湯

こんにちは!yamaです。

写真多めで最後に動画もあります!

今回の温泉地は燕温泉。

燕温泉までは関山駅からバスが出ているので、それに乗って向かいます。

料金は終点の燕温泉までで500円です。

到着~!

これから惣滝の湯に向かいます。

上の写真の道を山の方へ進んでいくと、このような切り株の案内が見えてくるので進みます。

ちなみにこの先は崖崩れで危険な所もあるので行く際は自己責任です!

途中で橋が見えてくるので渡ります。

渡って左に降りていくと河原の湯がありますが、真っすぐ進み惣滝を目指します。

振り返るとこんな眺め。

道はここからしばらく上り坂を登ります。

基本、砂利道や土道続くので迷わないと思います。

分岐点が出てきたら右へ!

滝が見えてきますがまだ惣滝ではないです。

中間地点の目印ですね。

ところどころ硫黄泉が流れていて地面がヌルヌルしている場所があるので慎重に歩きます。右横は断崖絶壁なので💦

鎖を掴みながら直進。

これは振り返って写真撮ってます。

ここが最難関ポイント!

写真では伝わりにくいですが本当に細い道で、両足揃えて立ってギリギリです。

右側も高くはないものの、3~4mの崖になっています。下は岩だらけなので軽い怪我では済みません。

先頭を歩いていた野湯好きの方も大変そうに歩いていました。

とうとう奥に惣滝が見えてきました!

左奥の岩がえぐれてる所に温泉があるので、目の前の大きな岩を頑張って登ります!

あったあった!岩を超えると硫黄泉が!

岩が白くなっているところは硫黄泉が出ています😊

近くで見てみるとこんな感じ。奥に滝も見えてロケーション抜群です!

入浴した際の動画です😆

落差80mもある惣滝を目の前で見ながら入る硫黄泉の野湯は最高です!

動画を見ていただければわかりますが岩壁から硫黄泉が吹き出しているのがわかります。

続きます。

青森 嶽温泉 嶽ホテル

こんにちは!yamaです。

最後の場所は嶽ホテル

嶽温泉の中で唯一露天風呂があるところです。(他にもあったらごめんなさい)

日帰り営業時間 : 10時~15時

料金 : 500円

泉質 :   酸性・含硫黄-カルシウム-塩化物泉

ph : 2.12

かけ湯をしたら激熱でびっくり笑

湯口の所に温度計が刺さっていて、41℃になっていましたがたぶん壊れています笑

45~6℃くらいあると思う😅

激熱のかけ湯を我慢していざ露天へ。

やはり露天があるとだいぶ違いますね~

湯もぬるめで長湯してしまいます😍

写真では見えていないですが紐状の湯の花がちらほら浮いていました。

本当は山のホテルさんでマタギ飯を頂いてから来るはずでしたが工事しているとは…笑

次は絶対マタギ飯食う!!

青森 嶽温泉 小島旅館

こんにちは!yamaです。

田澤旅館の後に縄文人の宿山のホテルに行く予定でしたが、縄文人さんは日帰り入浴をやめていて、山のホテルさんは工事中のため日帰りできないと言われてしまいました😅

行きたかったところ2つも撃沈でした笑タイミングが悪すぎる!笑

ということで2つすっ飛ばして小島旅館さんへ。

日帰り営業時間 : 10時~16時

料金 : 350円

泉質 :  酸性・含硫黄-カルシウム-塩化物泉

ph : 2.15

ここの硫黄泉は手前がぬるめの湯で、奥にあるのが熱めの湯になっています。

湯も濁っていて湯の花たっぷりです😊

湯口も湯の花がたっぷりと。

やはり平日に来るのが一番ですね~独泉でした😆

青森 さんない温泉

こんにちは!yamaです。

久しぶりの温泉旅ということでテンションが上がっています!😆

青森県は前回に黄金崎不老ふ死温泉に行っていますが今回は弘前の温泉を巡ります。弘前は温泉がありすぎてどこに行こうか非常に迷いました💦

とりあえず友人にオススメされたさんない温泉に最初に行くことに。(後で後悔します笑)

場所はJR新青森駅から徒歩20分ほどの場所にあります。

南口を出てローソンがるところで左に曲がります。

後は道なりに真っすぐ進み最初に出てくる信号機で右に曲がるとさんない温泉が見えてきます。

到着!

日帰り営業時間 : 8時30分~21時

料金 : 350円

泉質 : 含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉

ph : 7.5

奇麗なエメラルドグリーンの湯に強い硫黄臭。これはたまりません!

壁から勢いよく流れ出る源泉も印象的で、泉質のせいか至るところがボロボロでした。浴槽内もボロボロで歩くと少し痛いです😅

写真はネットから。

次の温泉に移動するために電車に乗ったのですが、さんない温泉の硫黄臭が強くて車内ですごく気まずかったです😂

順番考えとけばよかった!笑