青森 三本柳温泉

こんにちは!yamaです。

先ほどの百沢温泉前のバス停から三本柳温泉へ。

バス停の近くに案内の看板があるのですぐにわかると思います。

このアップルロードと言われる道を15~20分ほど歩けば温泉です。

アップルロード景色が良くて歩いてて気持ちが良かったな~😆

いや~着きました💦

この日も30℃近い気温だったのでだいぶヘタりました😅

汗かいたのでさっそく温泉に!

日帰り営業時間 : 8時~20時30分

料金 : 300円

泉質 :  ナトリウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉 泉質 

ph : 6.8

思ったほかぬるめの湯で、お湯は湯段温泉を薄くしたような感じ。

この日も独泉でゆっくりできました〜😊

青森 夕日を見ながら入る不老ふ死温泉

こんにちは!yamaです。

黄金崎不老ふ死温泉は海辺にある宿なのでやっぱり夕日を見ながら露天風呂に入りたい!

ということで日の入り時間まで海辺の露天風呂へ。

まずは前回入った露天風呂とは違う場所にある別棟の内湯に来ました。

dsc_6694

沈殿物もたっぷりです😊

ずっと入ってるとお尻が沈殿物で黄色くなる笑

濃い泉質の証拠ですね!

dsc_6696

dsc_6693

別棟の内湯の方から海辺の露天風呂にいけます

dsc_6690

ここ源泉かな?

dsc_6691

海辺の露天風呂は撮影禁止なので遠くから

右下が露天風呂で浴槽がひょうたん型になっていて混浴です。

そしてフナムシ注意!!

海辺の露天風呂めちゃくちゃ気持ちいです!歩いて3歩で海に入れます笑

不老ふ死温泉のURL貼っておきますね~👇

http://www.furofushi.com/about

dsc_6692

日も暮れてきたので最初に行った露天風呂へ。

いいタイミングで入ることができました~

とても奇麗でボーっとしてました笑

9b2f7efc-6f1e-48b6-8f6b-545e732be31c

憧れの不老ふ死温泉最高でした。

温泉に続く廊下には両サイドの壁に有名人のサインが所狭しと並んでいました。まあここに来れば納得ですね笑

チェックアウトの支払いもルームキーについているチップを精算機にかざして自分で支払いを済ませることができるのでとても楽ちんです!

おすすめ温泉なのでぜひ行ってみて下さい!

では

青森 黄金崎不老ふ死温泉

こんにちは!yamaです。

青森から電車で艫作駅へ。途中で寄り道しながらも到着。

かわいらしい無人駅でした

img_6017

海沿いを歩きたくてちょっと回り道をしながら不老ふ死温泉へ

dsc_6678

少し歩くと案内看板が見えてきます

dsc_6679

着いた~不老ふ死温泉!

ちなみに名前の由来は宿の関係者が「不老ふ死」と言う言葉が好きだからだそうです笑

ワクワクはしましたけど笑

dsc_6680

dsc_6681

チェックインを済ませてさっそく温泉へ!

日帰り営業時間 : 8時~20時(最終受付19時30分)海辺の露天風呂の日帰り時間は8時~16時

料金 : 600円

泉質 : 含鉄-ナトリウム-マグネシウム-塩化物強塩泉

ph : 6.38

88c3b452-22f5-4536-94b5-1a61784ed792

湯は鉄泉で濃い黄金色。露天風呂からの眺めも最高でした😊

露天風呂は程よい温度でずっと入ってられそうです!内湯は鉄泉と普通の湯の2種類で分かれていて、鉄泉の方は熱めです。

df2b1a91-8e2a-4a4c-9fe7-2e70225b31cc

夜の露天風呂もなかなかいい感じ星空も見ることができます。

写真ではカメラの設定で明るく撮れていますが、実際は真っ暗で電気がついていないので夜の露天風呂は足元注意です。

92dfdede-d870-4bf6-9e56-370741d2fba3

続きます

乳頭温泉郷 蟹場温泉と妙乃湯温泉

こんにちは!yamaです。

乳頭温泉郷の最終日は蟹場温泉と妙乃湯温泉に行きました。どっちとも泊まっている大釜温泉から近く歩いて5分ほどです!

まずは蟹場温泉!大釜を出て右にまっすぐ行くとすぐに着きます。

ていうか蟹場温泉って名前珍しいですよね笑

最初は露天風呂の周りに蟹がいっぱいるのかと思ってましたが、近くの沢に蟹がたくさんいるからこのような名前になったそうです!温泉関係ないですね笑

dsc_6098

そして受付を済ませ渡り廊下の先にある木風呂へ

dsc_6100

日帰り営業時間 : 9時~16時30分

料金: 600円

泉質 : 重曹炭酸水素泉

ph : 8.3

泉質のせいか床がかなりヌルヌルしていて何回かこけそうになりました

dsc_6104

繊維状の湯の花がたくさん舞っていました(^^)

dsc_6105

続いて露天風呂へ!

木風呂は玄関を入って右に進むとあるのですが、露天風呂は少し宿から離れた森の中にあるので今度は玄関を左に進み外へ出てから少し歩きます。

唐子の湯(混浴)

結構大きいのでゆっくりできます(^^)

dsc_6110

夕暮れ時に入ったら奇麗だろうな~

dsc_6109

蟹場の後は妙乃湯!

蟹場温泉を出てまっすぐ行くと妙乃湯です。

dsc_6127

宿の前のモミジはまだ奇麗に紅葉していました!

dsc_6128

和モダンな感じもいい

dsc_6124

日帰り営業時間 : 10時~15時

料金 : 800円

泉質 : 単純温泉(銀泉)

ph : 6.6

ここ妙乃湯は有馬温泉と似ていて鉄泉の金泉と単純泉の銀泉があります。

dsc_6126

泉質 : 酸性-含鉄-カルシウム・マグネシウム-硫酸塩温泉(金泉)

寝湯がとっても気持ちい…(^^)ほんとに寝そうでした笑

露天風呂もすごくて目の前に滝があって素晴らしい景色でした!

dsc_6125

乳頭温泉郷に来てみて最初は硫黄泉がメインだと思ってましたがいろんな泉質があってびっくりです!単純泉、鉄泉、硫黄泉、酸性泉、いろいろあって良かったです。

周りにも日本一の酸性泉で有名な玉川温泉水沢温泉国見温泉藤七温泉などまだまだ行きたいところだらけです!

秋田、岩手また行きたい!いや行く。笑

では。