北海道 登別温泉湯めぐり

こんにちは!yamaです。

やっと登別の温泉に入ります!

ですが前日の夜景撮影でだいぶ疲れたので2か所しか回れていません(>_<)

まずは公共浴場のさぎり湯へ。

写真は撮っていないのでHP貼っておきますね(^^)

http://sagiriyu-noboribetsu.com/galarry_huro.html

日帰り営業時間 : 11月~3月 7時~21時 4月~10月 7時~22時

料金 : 420円

泉質 : 酸性-含硫黄-ナトリウム・アウミニウム-硫酸塩・塩化物泉

ph : 2.2

浴槽のそこにはさらさらの温泉泥がたくさん沈んでいました!

dsc_6613

次の温泉に向かう前に温泉市場に寄り海鮮丼を頂きました。

アホなので真面な感想が言えませんが凄くおいしい!笑

dsc_6612

ご飯の後は少し先にある花鐘亭はなやに行きました。今回泊まった宿です。

dsc_6616

日帰り営業時間 : 11時~19時

料金 : 850円

泉質 : 酸性ー含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物泉

ph : 2.3

大浴場もいいですがこじんまりとした感じも落ち着けていいですね(^^)

dsc_6620

露天風呂。

少しではありますが雪見風呂を楽しめました。

dsc_6619

さぎり湯と同じで底に泥が溜まっていました。

桶でがばっと掬えるくらい沢山あります。

dsc_6625

夜の露天風呂!

これまた違った雰囲気でゆっくりできました。

dsc_6628

次は青森の有名な温泉です!

では

 

 

 

 

 

乳頭温泉郷 孫六温泉

こんにちは!yamaです。

黒湯温泉に行く途中で通った孫六温泉に帰りに寄りました。

ここが受付場所。

管理してる方がご年配の方だったので声をかけてもなかなか出てきてくれませんでした笑

まずは唐子の湯から

日帰り営業時間 : 9時~16時

料金 : 600円

泉質 : ラジウム鉱泉

ph : 7.4

乳頭温泉郷に来て初めての透明な湯です!(濁る時もあるそう)

相変わらず沢山の湯の花が舞っていました(^^)

次は石の湯

内風呂の温度が熱くもなくぬるくも無くちょうど良かったです~

露天風呂

足を延ばして入る露天風呂はいいですね~

ここの後ろ側にもう一つ露天風呂があって、そっちは川に近いので景色がいいです(^^)

秋田遠征② 大釜温泉で起きた悲劇

こんにちは!yamaです。

鶴の湯の後は今回泊まる宿である大釜温泉へ行きました。

とりあえずチェックインを済ませ温泉へ!

しかしこの後あんなことが起きるなんて…

こちら露天風呂。奥が熱くて手前は少しぬるくなっています

まあどこの湯にも水を出せる配管が通っているので好きなように温度調節ができます。

日帰り入浴時間 : 9時~17時

料金 : 600円

泉質 : 酸性含砒素ナトリウム塩化物硫酸塩泉

ph : 2.5

phが2.5となかなか良い酸性泉!ちなみに2.5はレモンと同じくらいだそうです。

内湯はかなり熱いです!

大釜温泉は泥湯でもあり底を手ですくえば硫黄の匂いが漂う泥がたっぷりと!!

常連さん曰く肌や顔に塗ってパックにすれば効果抜群だそうです!

夕食を食べた後夜にも入りに来ました。24時間入れるので!

今の時期夜中の露天風呂はめちゃ寒いですがその分湯につかった時のじんわり感がたまりません(^^)

乳頭温泉郷は山の上にあるので露天風呂から星も楽しめます~!

僕が行ったときはずっと曇ってましたが…笑

dsc_5979

さあそして悲劇というのがこちら笑やってしまいました笑

お風呂上り浴衣の裾に携帯を入れて脱衣所を出るとき「ゴトッ!」っと嫌な音が…

裾が少し破れていて携帯がそこから落ちたのです(>_<)

まさかの秋田初日に携帯をぶっ壊すとは!あと3日もあるのに!

ということで初日に起きた悲劇でした笑

dsc_5973

では

和歌山遠征⑥ 食事処bodaiと中の島

こんにちは!yamaです。

勝浦温泉湯めぐり2件目です!

と、その前に紀伊勝浦駅の前にある海鮮料理のお店bodaiに寄りました。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-12.png

メニューは具沢山海鮮丼を頼みました。

分厚めに切ってあるお刺身が食べ応えありでした(^^)

DSC_5736

船着き場に戻りホテル中の島に向かいます。ここも浦島と同様に船でしか行けないところです。

DSC_5738

DSC_5739

DSC_5745

DSC_5741

営業時間 : 15時~20時

日帰り料金 : 2000円

泉質 : 含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉

DSC_5744

すぐ海の近くの温泉ですごく気持ちがよかったです!

DSC_5742

 

 

 

和歌山遠征④ ホテル浦島湯めぐり

こんにちは!yamaです。

和歌山3日目は勝浦で湯めぐりです!(^^)

まずはホテル浦島へ。ここは専用の船でしか行けないので船着き場で待ちます。

DSC_5699

こちらは時刻表。料金はかかりません。

DSC_5700

船はこの赤いタイプと亀の形をしたタイプがあり、どちらに乗っても浦島へ行けます。

DSC_5702

DSC_5703

見えてきましたホテル浦島。

にしてもホテルの規模がデカい!!多分今までで一番大きいホテルです笑

DSC_5740

ホテル内に着いたのですがなんとローソンを発見!笑

さすが大規模ホテル!

DSC_5707

ここホテル浦島の日帰り入浴は4つの温泉を湯めぐりできてなんと1000円!とても安いし何といってもロケーションが最高です(^^)

一つ目に向かうのは磯の湯

受付からこのオレンジ色のラインに沿って行くとたどり着けます。

DSC_5708

DSC_5709

DSC_5710

家業時間 : 6時〜9時/12時~24時

泉質 : 含硫黄ーナトリウム カルシウムー塩化物泉

DSC_5711

右側の濁った硫黄泉はぬるめの湯でずっと入ってられました!

DSC_5712

ちなみに受付で館内の地図と一緒に湯めぐりスタンプ的なものがもらえます。

3か所以上巡ってスタンプを集めると記念の粗品がもらえます!僕は粗品の存在を完全に忘れていましたが皆さんは浦島に来た時にはもらい忘れないように!!笑

IMG_E5076

続いて2か所目は玄武洞。

磯の湯のすぐ近くで移動は簡単です。

DSC_5714

島の岩壁をくりぬいて造っているのか入り口からアドベンチャー感が凄いです笑

DSC_5715

営業時間 : 5時〜12時/16時~23時

泉質 : 含硫黄ーナトリウム カルシウムー塩化物泉

すごい!神秘的すぎる!まさに玄武洞!

DSC_5716

DSC_5717

真ん中あたりでは源泉が噴き出ていました。

源泉直流しですね笑

DSC_5718

にしてもロケーションが凄いです。

冬の時期に行った万座温泉の露天風呂も素晴らしかったですが、勝浦もそれに勝るほどです!

DSC_5719

波の音を聞きながら入る露天風呂もいいものですね(^^)

DSC_5720

DSC_5722

写真が多くなってしまったので残りの2か所は次回書きます!

では